補償を手厚くする理由

 

仕事で自家用車を使用するのは、事故があった際に会社と運転している本人のどちらに責任があるのか、普段のガソリン代や故障で修理が必要になった場合の負担をどのようにするのか、といった点があいまいになりやすいことから、あまりおすすめできるようなものではありません。
しかしながら、現実問題として、会社に必要なだけの公用車がそろっていなかったり、出張が多くて自宅から直接出張先に移動するほうが効率がよいなどといった理由で、自家用車を使用することもあり得ます。
こうした場合、会社側では自家用車使用規程などとよばれる内規を作成して、責任や費用の分担のしかたを定義していますので、かならず目を通しておくことが必要です。
その上での自動車保険のあり方についてですが、通常は会社側でも従業員個人の自動車保険の保険証書のコピーを提出させるなどして、たしかに保険に加入しているかどうかをチェックし、もし加入していない場合には、自家用車使用は認めないとしている場合がほとんどです。
そして、仕事中に事故が起きた際には、個人で加入している自動車保険からまずは被害者への損害賠償金を支払い、それでも足りない場合についてのみ、限定的に会社として負担するという流れになるとみられます。
このため、個人の自動車保険では、対人・対物無制限とするなど、補償を手厚くしておき、あらゆる事態に対応できるようにしておくことが望ましいといえます。

 

コメントは受け付けていません。