会社の規定を確認をしよう!

 

仕事における移動のために自動車を使用するのであれば、本来は会社が必要となる社用車を用意すべきですが、台数が絶対的に不足していたり、営業や介護など移動の機会が頻繁で自家用車を使用したほうが便利な場合もあるでしょう。
こうした場合、仕事であっても社員が個人で所有している自家用車を使用することになりますが、その際には自家用車使用に関する会社規定をいったん確認しておいたほうが、後々でトラブルになることを防ぐことができます。
このような規定のなかでは、例えばガソリン代は車両手当として会社が支払うので使用した時間や用務の内容、行き先、距離数などを台帳に記入するようにという指示があったり、仕事上の使用によって自家用車が故障した場合には会社の負担とするので修理前に申告が必要であるなどの、大切な決まりごとが書かれている場合が多いといえます。
また、仕事で自家用車を使用中に交通事故が発生した場合についても、使用者責任としての会社側の損害賠償をどう扱うのか、あるいは自動車保険の保険金請求は誰が行うのかといったことについての取り決めがあるのが普通ですので、いざというときに備えて、内容をくわしく確認しておくことが重要です。

 

コメントは受け付けていません。