仕事で自家用車を使用する

 

自動車保険では、契約をする自動車の用途をいくつかに区分して、それに応じて保険料なども設定されています。
通常の保険契約であれば、日常・レジャー用か、または通勤・通学用として、この区分の設定を行うことになりますが、もし仕事のために自家用車を使用するというのであれば、業務用という用途区分を選択するのが妥当です。
用途区分が適切でないと、最悪の場合、事故が発生しても保険会社から保険金を支払ってもらえないおそれがあるほか、保険会社への告知義務違反に問われることもあります。
これは、契約当初から仕事で使用することがわかっていた場合はもちろんのこと、後で変更が必要になった場合も同じですので、忘れずに保険会社に連絡をする必要があります。
また、このような特殊な場合では、会社のほうでも使用規程などの決まりを設けて、仕事で使う場合のガソリン代や修理費の負担をどうするのかといったことを、あらかじめ明らかにしているのが一般的です。
このなかには自動車保険についても何らかの条文が含まれている可能性がありますので、かならず目を通しておいて、もし会社への手続きなどが必要となっている場合には、あわせて済ませておくことが求められます。

 

コメントは受け付けていません。