よく他人の車を運転する人は?

日常生活では、ちょっとした用事や仕事の関係で他人の車を運転するということは珍しくありません。
こうした時に怖いのが、その車で事故を起こしてしまった場合です。
基本的に自分の車ではない車で事故を起こした場合、その車の所有者が加入している保険によって補償を受けられるかどうかが決まります。
もしも、車の所有者が加入している保険の内容が他人が運転をしていても補償を受けられるような設定になっていれば問題はありませんが、例えば、家族特約など補償が受けられる対象が限定されている場合は、車の所有者の保険で補償を受けることはできません。そうなってしまうと、お互いに大きな被害を被ってしまい、あとあと尾を引くトラブルとなってしまうことも考えられます。
こうしたトラブルを避けるためにまず見直したいのが自分の加入している保険の補償内容です。
自分の所有車ではない車を運転する機会が多いのであれば、他車運転危険担保特約をつけることが一番です。
基本的にこの特約は、対人・対物賠償保険に加入をしていれば自動で付帯をしていることが多いのですが、昨今人気となっている保険料を抑えた節約プランなどでは自動で付帯されないこともありますので確認をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。