友人の車で事故を起こしても、友人の等級をダウンさせない方法

みずから所有者となっている自動車であれば、自動車保険にはもちろん加入しており、いざというときにも適切な補償を受けることができますが、職場での旅行や引っ越しなどのために、たまたま友人などの他人の自動車を運転しなければならなくなった場合には、この原則が通用しなくなります。
もし友人の自動車を運転している途中で事故を起こしてしまった場合、その友人が加入している自動車保険から、必要な補償を受けることは、保険の契約内容によっては可能ですが、これには大きなハードルがあります。
それというのも、誰が運転していたかにかかわらず、友人の自動車そのものが原因となって保険金を請求したことになってしまうため、等級が3段階ほどダウンしてしまい、来年度からのその友人の保険料負担が増えてしまうのです。これはお金の面だけではなく、後々の人間関係をこじらせることにもつながりかねません。
こうしたときに役立つのが、自動車保険の他車運転特約とよばれるものです。この特約があれば、他人の自動車を運転していたとしても、これを自己所有の自動車と同様にみなして、必要な保険金の支払いを受けることが可能となるため、友人の保険等級をダウンさせずに済むことになります。

コメントは受け付けていません。