友人の車は家族限定の保険でも借りられる!?

家族限定特約は、運転者が記名被保険者、その配偶者、記名被保険者もしくは配偶者の同居の親族、記名被保険者もしくは配偶者の別居の未婚の子の場合に限り、保険金を支払うと規定されている特約です。このため、友人の車にこの特約が付いている場合は、その車で事故を起こしてもその車の任意保険では支払らってもらえません。自賠責保険からはカバーされますが、任意保険で支払えないとしても、万が一相手に怪我をさせたり死亡させた場合は、多額な損害賠償金を支払わなければならないこともあり得ます。このように友人の車に限定がついている場合は借りるべきではありません。このような場合でも、自分や同居の家族が自動車保険に加入している場合は、その自動車保険の他車運転危険担保特約で補償を受けることが可能です。また他車運転危険担保特約は別居の未婚の子も対象になります。このため、例えば両親が離婚して母親が親権を得て引き取られた婚姻歴のない子供が限定保険のついた友人の車で事故を起こした場合、母親や子供本人が自動車保険に加入していなくても、父親が自動車保険に加入していれば、父親の自動車保険の他車運転危険担保特約で保険金を支払ってもらえます。

コメントは受け付けていません。