自動車保険に入るときの等級が優遇されるケース

個人で自動車保険の契約をしている人であれば、通常はノンフリート等級とよばれる制度によって、1から20までのランクのいずれかに位置づけられ、しかもそのなかでも事故あり・事故なしに区分されるため、このランクによって保険料が割引になるか、割増になるかが決まります。
ランクが1に近いほど保険料としては割増になり、逆に20に近いほど、保険料は割引となりますので、年間でみると大きな格差が生まれます。
こうしたランクははじめて自動車保険に加入する場合は6からはじまるのが原則で、以後もし無事故でいられれば、翌年度からのランクは1段階だけ上がり、最終的には20を目指すということになります。
いっぽう、年間に保険が適用されるような事故を起こしてしまった場合、それが人身・物損にかぎらず一般的な事故であれば3ランク、子供のいたずらや天災などの種類であれば1ランク、それぞれ翌年度には引き下げとなってしまい、以後の保険料も高くなってしまいます。
こうしたランクづけが加入するときに優遇される場合としては、前契約の無事故の期間が長かった場合や、現在の契約に加えてセカンドカーとして新たな自動車を追加で契約する場合などのケースが想定されます。

コメントは受け付けていません。