自動車保険の使用用途を業務にしておく理由

 

自家用車を仕事でも使う機会がある場合、使用用途は業務用としておく必要があります。
その理由としてはレジャーや通勤といった用途にしておくと、事故を起こしてしまった時に補償されない可能性がでてくるためです。
保険会社というのは事故を起こす確率をもとに、事故を起こしやすい人からは保険料を多く、事故を起こす確率の低い人からは保険料を少なく徴収しているので実際の用途が異なった場合保険金が支払われないこともあるのです。

週末のレジャーや通勤だけの使用よりも、常に仕事で車を使っているほうが当然事故が起きる可能性が高くなりますから、保険料も高くなります。
しかし、そのような仕事で使っていることを申告せずに事故を起こしてしまうと、虚偽の申告とみなされて補償されなくなってしまうのです。
このような理由があるので仕事でも車を使う場合には、用途を業務にしておく必要があるのですがこの規定というのは保険会社にも変わってくることがあり、頻度によっても変わってくるのでよく確認をしておく必要があります。
基本的に週末のレジャー使用でも、週に一度だけ仕事で車を使うといった場合には業務使用に当たらないこともあるので不安な時にはまず確認をすることが重要なこととなります。

 

コメントは受け付けていません。